アルテック株式会社 HOMEへ
BioNavis アルテック株式会社
アプリケーション
プロテオミクス
・たんぱく質間の相互作用
・抗原抗体反応
・DNAハイブリダイゼーション
医薬
・阻害剤特異性のスクリーニング
・結合パートナーの探索
センサーの開発
・ガス分子の吸着
・Pd基板による水素の吸着(プロトニクス、水素吸蔵合金の評価等)
・食品成分、環境汚染物質などの検知・定量

LB膜累積後の膜厚測定
LB膜(Langmuir-Blodgett)は、光・電子材料、バイオ素子など様々な応用分野への展開が期待されています。LB膜の累積による膜厚変化をSPRで容易に確認する事ができます。
chart 拡大 フルアプリケーションノートPDFダウンロード
ステアリン酸カドミウムによるLB膜累積(1層、3層、5層)に応じて変化するSPR共鳴角
アルブミンの吸着
バイオマテリアルの開発には任意の材料表面に対するタンパク質の吸着の観察が典型的に行われます。アルカンチオールを吸着させ疎水性にした金表面に対する0.1mg/mLのウシ血清アルブミン(BSA)の吸着量と、無垢の親水性の金表面に対するBSAの吸着量の違いを、SPRで容易に比較する事ができます。
chart 拡大 フルアプリケーションノートPDFダウンロード
親水性金表面と、疎水性金表面に対するBSAの吸着による、SPRシグナルの違い